歯医者で対応できる治療を知ろう

歯医者で行える治療には、虫歯治療だけでなく歯の状態を良好に保っていくために必要な予防歯科も重要になります。では、一般歯科で対応できる治療やケアについてチェックしてみましょう。

こんな症状には一般歯科で治療

歯型

虫歯

虫歯治療は、症状が進行してきた場合には、歯を削って詰め物をして処置を行います。最近は、痛みを抑えることができるレーザー治療にも注目が集まっています。治療の内容によっては保険適用内で行うことができますが、詰め物や被せ物などの種類によっては保険適用外となります。

歯周病

自覚症状はあまり感じなくても、歯周病にかかっている方は非常に多くなります。原因として、磨き残しなどによって放置された歯垢が歯石となってしまうことで、歯周ポケットができてしまいます。それによって歯を支えている土台の歯茎が溶けて下がっていき、歯が抜けてしまう危険性もあります。

口臭

特に40代を超えると、歯周病と並んで口臭の問題も出てきます。一度自分で口臭を自覚してしまうと、人と顔を合わせるのが不安になってしまいます。口臭の原因には、口腔内の環境だけでなく、体内の状態から影響してくることがありますので、一度歯科医に相談することをおすすめします。

ナイトガード

寝ている間に歯ぎしりをする方は、成人の約8割に及ぶといわれています。歯ぎしりによって及ぼす影響は、歯がすり減るだけでなく歯頚部にも大きく負担をかけてしまいます。それをなるべく防ぐために、歯医者で自分の歯の形状に適したマウスピースを作ることができます。

根管治療

虫歯治療の中でも特に症状が進行してしまい、歯髄にまで影響が出ている場合に行う治療です。症状の進行状態を示すC3は、虫歯菌が歯髄に感染し、炎症を起こしてしまっている状態です。C4の場合は歯髄が壊死した状態になり、どちらの場合も虫歯菌に感染した部分を除去して治療を行ないます。

歯医者で可能な治療とは?~歯や健康を守るために必要な治療~

女の人

スポーツマウスピースも作れる

虫歯治療だけでなく、口腔内に関わることなら歯医者で改善していけるものも多くなっています。マウスピースにもナイトガードだけでなく、空手などのスポーツによるケガを防ぐために使用する、スポーツマウスピースを作ることもできます。

治療器具

就寝時に起こる症状

歯医者とは直接関係がないように思われがちですが、睡眠時無呼吸症候群に対しても歯医者で相談、治療を行なうことができます。その場合には、呼吸器内科などの医師と共に治療を進めていくことで、より良い治療を行なっていくことができます。

歯型

セカンドオピニオンについて

治療によっては手術が必要となるので、不安を抱いてしまうこともあるでしょう。そのような時には、セカンドオピニオンを利用して、歯科医へ疑問や質問をすることができます。「もっと他にいい治療法がないのか?」「この治療法を本当に進めていっていいのか?」という気持ちがあるなら、他のクリニックの医師へ相談することをおすすめします。

名古屋にある歯医者さんを受診

歯に関する悩みや質問にお答えします!

院内

親知らずは抜いたほうがいいの?

親知らずは一番奥に生えている歯ですが、歯磨きがしずらいので虫歯にもなりやすくなります。生え方によって隣の歯に悪影響を及ぼすなら抜歯をしたほうがいいですが、人によって個人差があるので、すぐに抜くのではなく一度歯医者にてチェックをしてもらうのがいいでしょう。

妊娠中の歯科治療はどうしたらいいの?

妊娠中は、お腹の子どものことを考えて歯科医へ行くのを控える方もいます。しかし、出産後は育児などで忙しくなってしまうため、妊娠中に治療を済ませておくのが望ましいです。その場合は、安定期に入った5~7か月くらいが治療に最も適しています。

広告募集中