歯並びが気になるなら~インビザラインなど矯正治療を行なおう~

歯並びが気になるなら~インビザラインなど矯正治療を行なおう~

治療

歯並びが悪いことによる影響

歯並びを矯正していくなら、矯正歯科治療をうける必要があります。歯並びや噛み合わせが悪いことによって、虫歯や歯周病になる可能性が高くなり、顎関節症になってしまう可能性も出てきます。それだけでなく、体全体にも不調が出てくることもありますので、矯正歯科治療をおすすめします。

治療

矯正はいつから始めるのか?

矯正治療は、ある程度年齢が上がってから行うとういイメージを持っている方もいると思います。しかし、年齢が上がるにつれて骨格も完成されてくるため、矯正が難しくなったり、時間がかかってしまうことがあります。子どものうちから治療を行うことで、きれいに矯正することができます。名古屋駅の近くでも評判のよい矯正歯科医院がありますので、治療を検討するなら一度チェックしておきましょう。

矯正歯科について~インビザラインとワイヤーブラケットの違い~

インビザライン

インビザラインは透明のマウスピースを使用した矯正治療なので、歯に装着したときの審美性も高くなります。自分で取り外しができるので、歯磨きもしやすくなるのが特徴です。矯正するために決められた装着時間がありますが、金属アレルギーの方でも安心して矯正が行えます。

ワイヤーブラケット

ブラケットという装置を歯の一つ一つに取り付け、そこにワイヤーを通して引っ張ることによって、歯並びを整えていきます。主に歯の表面に装着するため、インビザラインに比べると審美性は劣りますが、歯の裏側に取り付けることによって矯正装置が目立ちにくい、裏側矯正もあります。

広告募集中