子どものうちから歯医者を利用しよう【小児歯科で歯の健康を維持】

子どものうちから歯医者を利用しよう【小児歯科で歯の健康を維持】

口元

子どものうちからデンタルケアを

子どもには敬遠されがちな歯医者ですが、自分の歯を丈夫に保つためには、幼いうちからのデンタルケアがとても重要になってきます。乳歯は、子どもの顎をしっかり成長させるために大切な役割を担っており、永久歯にも大きな関わりがあります。

歯型

定期的に歯科へ通う

虫歯を防ぐためにも、定期的に小児歯科を利用し、歯磨きだけでは落としきれない汚れを落としていくようにしましょう。また、フッ素を塗布することでより強い歯を作っていくことができます。

歯

まずは歯医者さんを怖がらないようにする

子どもの歯科治療に最も必要なことは、恐怖心を取り除くことです。「歯医者さんに行くことで虫歯にならないようにできる」ということを教えてあげると、怖がらずに歯医者へ行くことができます。

歯科治療の違い~大人と子どもで比較~

大人の場合

大人の場合は虫歯治療だけでなく、年齢を重ねるごとに生じてくる様々な症状の治療も必要となってきます。また、歯をきれいにするために行う審美歯科などがあります。仕事をしていると通院する時間も限られてくるので、歯科治療の内容だけでなく、通いやすさもクリニックを選ぶ上ではポイントとなってきます。

子どもの場合

子どもの歯科治療は、成長をより良く促していくために行います。大人とは歯の質や強度も違うので、一度虫歯になってしまうと症状の進行も早くなります。それを防ぎ、維持していくことを目的としています。また、矯正も骨格が成長途中の子どものうちから行っておくことで、きれいに矯正することができます。

広告募集中