痩身や脱毛はプロに任せよう【エステ入門サポーター】

美容

気になるのなら診察を

場所によっては邪魔者

顔

ほくろは、メラニン色素を含む細胞が皮膚表面の一部に、他の部分よりも高い密度で集まった母斑の一種になります。 色素性母斑あるいは、母斑細胞性母斑ともいいます。 日本では、目の下にあるほくろは泣きぼくろと呼ばれ、表情に魅力を添えるものとされています。 他にも口元にある場合も、色っぽいとされ魅力アップにつながるのですが、場所によっては残念な場合もあるのです。 特に女性の場合は、顔の鼻の下などにあると嫌がるケースが多いです。 こういった場合は、ほくろ除去を試みられることがあります。 少し前だったら、切除するしか施術方法はなかったこともあるのです。 近年では、切除することなくレーザー治療により施術跡も目立たせない方法が主流になっています。 レーザーによる施術方法の良いところは、傷跡が目立たない事以外にもメリットが大きいです。 それは、30分ほどで施術が終わってしまうことです。

カウンセリングが重要

レーザー治療での、ほくろ除去は切除する施術方法に比べるとはるかに、施術時間が少なくて済みます。 しかし切除方法ならば、保険が適用されるほくろ除去もレーザー治療の場合は、自由診療になるのです。 要するに保険の適用外なので、かなり高額な費用がかかります。 さらにレーザーで除去した場合の患部は、周囲の皮膚との色の違いが出てしまうのです。 つまりレーザー照射で行うほくろ除去は、直径1mmまでの小さな場合が適しています。 大きいほくろならば、切除する施術方法の方が傷跡が一本の線ですむ分目立たないです。 またほくろは、良性のものばかりではなく悪性の腫瘍の場合もあります。 ほくろの大きさや厚みや良性悪性の判断をしてもらうためにも、カウンセリングを確りと行ってくれる美容皮膚科での診察が必要です。

Copyright (c) 2015 痩身や脱毛はプロに任せよう【エステ入門サポーター】 All rights reserved.